陶芸 ceramics

DSC_1001
DSC_1001

line_1517674369158
line_1517674369158

DSC_3125
DSC_3125

DSC_1001
DSC_1001

1/9

Slide show

「美術の森・彩遊舎」は、

つくば研究学園都市、紫峰筑波、水郷霞ヶ浦に囲まれた自然豊かな環境のほぼ中央にあります。

1985年より陶芸や絵画の美術教室「彩遊舎」としてスタートしました。現在は、陶芸が中心になって活動しています。

 

「美術を通して私たちに何ができるのか・・・」

これが一貫した私たちのテーマでもあります。

土と対話する。自分と対話する。人や自然との関わりの中から感じ取っていくもの、これこそが、真のこころの豊かさに通じるのではないでしょうか。

混迷の時代、今こそ、アートの力!

       ・・・私たちは伝えたい!

​ご一緒に、始めませんか?

 

 

日本ヴォーグ社「陶芸を楽しむ」 

樽沢泰文 著

全国の図書館においてあります。amazonなどのネットでも購入できます。

焼きものができるまで・・・

 

粘土は、長石などが数百万年という単位で風化→移動→堆積し寝かされて出来上がった貴重な鉱物です。乾燥すると縮み、焼くと縮むことによって丈夫な器に変身するわけです。我が国の焼きものの歴史は、今から一万年以上も前の土器時代、釉薬のかかっていない(無釉)の時代に始まります。須恵器、ろくろ技術の革新、釉薬の発明と色とりどりの時代へと移っていきます。

粘土に灰を加えるとガラス成分の多い釉薬になり、器の表面を丈夫な皮膜で覆います。東アジアにおいて中国、朝鮮の陶磁器文化の影響によるところは非常に大きいですが、我が国でも桃山期以降、茶の湯の文化によって独自の世界が形成されました。磁器の分野では、朝鮮の陶工らが有田で陶石を発見したのが始まりとされ、中国の景徳鎮に代わって輸出向けの製品も大量に作られました。明治以降、ヨーロッパから工業的窯業技術が逆輸入され、世界に誇る陶磁器産業を確立しました。

今日では、アマ、プロ問わず小規模陶芸の分野においても多種多様な個性的な表現の媒体として裾野が広がってきています。

 

landscape・・・

Slide show

1/8