NEW

絵画コース/美大受験 他

 

 日常の忙しさのなかに過ぎていく毎日。そんなとき道ばたに咲く小さな花にふと足をとめる、空を見上げては 夕日の美しさに癒され また、旅先の雄大な自然に心踊る。そんな感動を絵に託して表現する、それが絵を描く楽しみでもあります。 

      

 移りゆく季節 花や風景 ちいさな虫や果実などスケッチ、はがき絵、デッサン、水彩画、日本画やアクリル画、いろいろな画材や技法を用いて取りくんでいきます。 皆さんも きっと絵を描いていく中で、自分を見つめなおし、また 新しい自分を発見することでしょう。

森の神(部分)/日本画

      雲肌麻紙に膠と岩絵の具で描く

森の神/

    日本画

ツバメのいる長蔵小屋(尾瀬)/透明水彩 ワトソン紙で描く

習作など・・・

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

Slide show

作品アルバムより・・・

絵の具のはなし・・・

絵を描くときの材料はいろいろありますが、まず鉛筆とスケッチブックを用意するとよいでしょう。

スケッチブックに 鉛筆で身近にあるもの、たとえば花やくだもの、風景などを描き、それに絵の具で色をつければ 水彩画になります。

水彩絵の具には、鉛筆のタッチが透けてみえるような、透明水彩絵の具(ホルベイン社など)や 不透明水彩絵の具(ペリカン社など)があります。

はがきや色紙に描いてもよいですね。

 

ちょっと専門的になりますが、日本画の材料について説明します。

日本画は、 和紙(雲肌麻紙など)に 岩絵の具で描いていきます。岩絵の具の代表的なものには、天然の藍銅鉱を原石とする群青、貝殻を風化させて砕いた胡粉の白、蓼藍という植物から作られる藍、孔雀石を原石とする緑青、他にも、辰砂、朱、藤黄‥。それらの美しい色は、京都や奈良の寺院の襖絵でもおなじみです。岩絵の具は さらさらの粒状や粉末でできていて、画面に接着させるには、膠(動物の皮や骨を加工したもの)で溶きます。ちょっとテクニックが必要ですね

初めての方には、水だけでつかえる、顔彩や棒絵の具もあります。

 

さあ、それでははじめましょう。           (講師、樽沢純子)

お問い合わせは、HP 「CONTACT」欄よりメールにてよろしくお願いいたします。